飛竜まつり2005



2005年6月4日・5日 開催される

第15回遠州はまきた飛竜まつりが天気にも恵まれて盛大に開催されました。とは言うものの4日の夜は雷は鳴り、雨は降りあまりいい状況ではありませんでした。途中から雨もあがり最後の花火は予定通りにあげられました。この地方では一番早い花火であり、時間は短いけれどとっても綺麗でした。
右の写真は2km位離れた自宅から望遠レンズを使って、三脚もなしで撮影した物です。何とか見られますね。
開会式が行われているところです。今年の参加団体は去年より2団体減り、31団体でした 凧も組み上がっていよいよ凧揚げの開始です。これはよその組です。与ぐ美は準備OKです。
糸目を調整し道糸を延ばして風の具合を見ています。午前11時から12時までの1時間がコンテストです。揚げるところから下ろすまでが採点されます。 揚がりました!今年は一発です。
たくさん揚がっています。
しかし、この後が大変でした。他の凧と糸が絡んでしまって何回か墜落してしまいました。そのたびに復活しています。
落ちた凧を拾ってくるところです。
屋台も出てにぎわっています。 夜のひまつりの主役となる竜もまだ首がついていません。
竜の首がトラックで到着しました。長さは8m位でしょうか? 竜が空に上ったとたんに黒雲が空を覆い雨が降り出しました。竜が呼んだのでしょうか?
この地方のお盆に舞われる大念仏が披露されました。 次の日の朝一番で勇壮なあしかび太鼓が演奏されました。
ところ変われば・・・。龍山地区のぶか凧はこのようにクジラを付けています。<