headlogo.png(7076 byte)

ホーム > 静岡県神社マップ > 新居町マップ > 二宮神社



 式内論社・郷社  二宮神社  ♦♦
神社名 二宮神社(にのみやじんじゃ)
神名帳名 大神々社(おほむわじんじゃ)
鎮座地 浜名郡新居町中之郷320地図が開きます
御祭神 大物主神
式内社 式内小社
例大祭 毎年十月中旬(流鏑馬神事)

一條天皇御宇長徳元年3月朔日大和國より錦の袋に入りて飛來まします。依って里人大和大明神と稽し、同3日祭禮を行ひ、同年9月6日新に山上に祠を建て、9日を例祭日と定めた。當時の入用永二貫文にて永一貫丈に木綿8反替に賣りて造営したるものなりと言ふ。山上に今宮跡と稀して其名を残してゐる。永正14年7月27日中山民部入道生心當村領主となるに及び京都吉田殿より二宮の神號を請ひ是より社號を二宮大明神と改称したと言ひ、俗に中之郷村二之宮飛神と稽す。遠江風土記傳に「飛神の御像は石なり、賓石なり、曲玉なり、此玉非時に飛散し、飛集す其色は五彩にして細穴あり」とあり、曲玉なり。今御神寶として崇め奉る。神領は豊臣秀吉の頃までは83石ありたりと言ふも、其後中絶し、徳川家光に至り朱印高4石5斗を寄せられ、以て明治に至る。明治6年3月5日郷社に列せられ、明治40年1月神饌幣帛料供進社に指定せらる。本社は和名鈔に言ふ濱名郡大神郷にありて、式内大神神社これなりと言はれ、遠江風土記傳、特撰神名牒、以下諸書亦大神神社と推定してゐる。

DSC_7296.jpg(515023 byte)

社号標 「式内 郷社 二宮神社」 と 境内に続く石段

  DSC_7297.jpg(543690 byte) DSC_7300.jpg(311445 byte)

神門と神額 「二宮神社」

DSC_7301.jpg(478633 byte) DSC_7302.jpg(453443 byte)

境内 手前の狛犬は非常に大きなもの

DSC_7303.jpg(435538 byte)

手水舎

DSC_7305.jpg(315881 byte)

一番の狛犬

DSC_7306.jpg(464404 byte)

社殿

DSC_7307.jpg(400139 byte)

社務所

DSC_7309.jpg(356384 byte)

二番の狛犬

DSC_7312.jpg(294557 byte)

三番の狛犬

DSC_7314.jpg(420325 byte)

大正14年11月と読める

DSC_7315.jpg(461985 byte) DSC_7317.jpg(482047 byte)

一番の狛犬を後から

写真撮影:2008年6月27日

© 2004 naka-se.com