与ぐ美ホームへ

中瀬の祭り


♦其の一 昭和50年代まで

中瀬の神社

中瀬地区(北から大字上島、大字中瀬、大字豊保)には下表の通り5つの神社があり、古くから中瀬の土地や人々を守ってきました。

明治期には神社庁から初期・中期・後期にわたり「神社合祀令」が幾度も発令された。中瀬地区でも時代の流れに乗り、新しい中瀬文化の建設を望む気持ちが高まり、「まつり日統合」の寄り合いが各地で何度も行われたようであった。しかし、「改善開化」は「昔からあるものは大切にしよう」、「村の神社を無くしてはならない」、「保存々々」の中瀬村民の声が強く実現することはなかった。

※神社合祀・・・神社の数を減らし、残った神社に経費を集中させることで一定基準の設備・財産を備えさせ、神社の
   威厳を保させ神社の継続的経営を確立させること。

祭典は稲荷神社以外はすべて10月に秋祭り(稲作がほとんど行われていない中瀬では収穫祭ではないと思う)として行われていた。その後、昭和50年代に入り神社の統合はなされないが、津島神社、天神社、若宮神社の祭典は8月に行われるようになった。


祭典月日 祭典神社 所属町内会 氏子
8月28日29日 稲荷神社 四 区 西中瀬、豊保、横瀬
10月12日13日 若宮神社 七 区 六区、七区
10月17日18日 諏訪神社 一 区 上島
10月19日20日 天神社 五 区 上島を除く中瀬地区全体
10月21日22日 津島神社 三 区 上中瀬地区
10月23日24日 八方地蔵尊 六 区 下中瀬、遠方信者


天神社での余興

昭和30年頃まで、岩田新之助一座(中瀬四区:岩崎新一の父)が友情出演の梅村静枝と田舎芝居を行っていた。テレビも無い時代であったため、遠方からの見物人も多く、早くからお重箱にご馳走を詰め、すしを詰め、お酒を持ち場所を取り、夜中まで大変のにぎわいであった。また、大道(現在の屋台店)もたくさん集まり、年に数回しか物を買ってもらえない子どもたちにとってはお祭りは本当に待ち遠しいものであった。

芝居の翌日の朝は、早く起き芝居の桟敷の周りや、店の周りに落ちているお金を拾いに行ったものだ。5円、10円を拾うとうれしかった。芝居がなくなってから数年は、中部日本新聞社(現中日新聞社)による映画が行われた。その後、昭和48年までは何も無い寂しい祭典が続いた。

お神輿の製作

天神社の祭典は何も無く、同じ浜北市でも宮口地区、根堅地区、於路地区などでは昔から屋台の引き回しが行われ、祭典当日には神社はたくさんの露天商(現在の屋台店)とあちらこちらから祭り見物に訪れた大勢の人でにぎわっていた。「この祭典の姿を天神社にも」と言う声が地元にも出てきた。

その頃、伊藤菊司と河合秀一(永島在住)が2、3年前からあちこちを歩き中古の屋台を探していた。
ある日、遠州鉄道西ケ崎駅の東を通った時、ある家の前にシートを掛けられた屋台が置いてあるのを見て早速二人でその家に伺い、譲っていただけないかと話をしたところ、西ケ崎でも屋台の引き回しを行いたいと、貴布祢より中古屋台を譲っていただいたとの事で譲ってもらうことはできなかった。

昭和49年8月地元ソフトボールクラブ(四塔倶楽部)と遠州大念仏保存会(西中瀬組)の有志により、「とりあえず御神輿でも作ってみよう」と言うことになった。早速、(有)大城建設工業の作業場と道具を借り、日曜日と平日の夜仕事を終えてから集まり御神輿作りに取りかかった。

やがて御神輿が出来上がったものの組織の名前が決まっておらず何にしようかと皆で考え、いろいろの名前を出し合った結果、この地区は昔から西中瀬と呼ばれていたので普通は「西中瀬組」となるのであるが、「西中瀬組」では地元の遠州大念仏組織と同じ名前になってしまう。それでは「西中瀬連」ではという話もあったが「西中瀬連」では名前としては長すぎるため、「西中連」に決まった。

御神輿に飾る提灯は西ケ崎の島崎屋の既製品を買い、当時、新原の書道塾に通って習字を習っていた大城文男(現津島神社宮司)と伊藤菊司が提灯に手書きで「西中連」と書くことになった。

御御輿を担ぐには法被が無くては格好がつかないので、笠井のミドリ屋まで行き、背中に大きく「祭」と書かれた水色の既製品を3,500円で買って揃えた。

祭りをどのような形で行ったらよいかさっぱり分からないので、笠井(8月17,18日)、二俣(8月21,22日)貴布祢(8月27,28日)宮口(9月14,15日)等へ見学に行った。
会所(控え所)は大城建設の作業場を借りた。会所とはどのようなものか、まつり方はどのようにしたら良いか。この御神輿作りは皆地元の人達で行ったのですべてが見よう見まね、手探りの状態であった。

御神輿祈願祭
お神輿の安全祈願祭(中瀬小学校にて)

第1回西中連祭典 (昭和49年10月19日~20日)

昭和49年10月19日 (祭典当日)宵祭りの始まる1時間前。
御神輿製作者一同で御神輿を担ぎ天神社へ、宮司、年番、氏子の人々はびっくり仰天。
この瞬間が『中瀬のまつり』を180度変えたその時であった。
夜は若連の家庭を御神輿を担いで回り、ご馳走をよばれ、ご祝儀をいただき夜を明かして祝った。

屋台引き回しが出来なかったワケ

中瀬で屋台を引けば大水が出る!』この言葉は昔から言われていた。

我々が小学生の頃は実際に大水をこの目で見てきた。しかしその後、佐久間、秋葉、船明とダムが次々とでき、ダムの役割により水量が調整され、大水が出る心配はほとんど無くなった。
しかし、屋台についてはそれだけの理由ではない。中瀬というところは書いて字のごとく、天竜川の中の瀬(川原)である。土地はやせ、野菜はほとんど出来ず、あえて出来るものといえばごぼうと大根、サツマ芋ぐらいであった。砂地のため当然米を作ることもできず現金収入は知れていた。
そのような生活の中で、屋台を引き回すような祭りをすれば、金も掛かる。そんな余裕はとても無い。
しかし、時代は変わった。

この浜北中瀬地区も大きく変わり、浜松のベットタウンとなり、又大きな工場(ヤマハ、東洋濾器、日本ウエル等)が誘致され、昔の中瀬とは違った大きな変化が現れてきた。それにより人々の生活も変わり始めた。

昔はほとんどの人が自宅や畑で仕事をし、近所の人達と顔をあわせる機会も多かった。ところが会社や工場に勤めるようになると朝、家を出て夜に帰る。そんな生活をしていたのでは隣近所の人でもめったに言葉を交わすことはない。何らかの機会をつくって交流を深めなくては。大水なんか出っこない。「まずやってみよう」と始めたが古い人達からは悪く言われた。「今年は大きな台風が来て大水が出なきゃあいいのだがのう」、「出てもあんた達にゃあ責任を取ってもらえんでのう」

第2回西中連祭典 (昭和50年10月19日~20日)

今年度の会所は岩崎組浜北営業所(岩崎雅美)の土場を借りることにした。当日はあいにくの雨。だが雨は関係なし。一日目は気力と体力でがんばったが、二日目もまた雨。お神輿の重みが肩にずしりとくる。たまたま会員の中に、昔の大八車を持っている人がいて、それを借り、夜はこの大八車の上にお神輿を乗せ引き回した。その夜の最後のみんなの言葉 『来年はきっと屋台を作るぞ!