お祭り三昧ホームへ

ホーム > お祭り三昧 > 秩父祭り 2016年

埼玉県秩父市 平成28年12月3日


 秩父祭り    秩父(ちちぶ)神社 ♦♦
  

 秩父市の師走名物、秩父神社の例大祭「秩父夜祭」は、京都祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭の1つに数えられています。
 江戸時代の寛文年間(1661〜72)には祭りが存在していたという記録があり、300年余りの歴史があります。江戸時代には祭りとともに秩父絹の市が立ち、秩父の経済を大いに潤したといわれ、お蚕(かいこ)祭りとも呼ばれます。
 時は移り、今は絹市こそ立ちませんが、秩父に住まう人々の1年の総決算としての変わりはありません。「夜祭(よまつり)」「妙見(みょうけん)さま」などと呼ばれ親しまれてきました。
 勇壮な屋台囃子を打ち鳴らし、まちなかを曳き回されるのが笠鉾2基と屋台4基の山車(国重要有形民俗文化財)です。屋台両袖に舞台を特設しての地芝居(秩父歌舞伎)や地元の花柳一門と杵屋一門によるひき踊りは、秩父神社神楽とともに「秩父祭りの屋台行事と神楽」として国指定重要無形民俗文化財となっています。(秩父観光協会HPから)

unesco.png(45645 byte) DSC05286.jpg(372483 byte)

お祭りの前日(12月1日) ユネスコ無形文化遺産登録が決まりました。

DSC05188.jpg(572172 byte)

額殿に飾られている数々の額 秩父市制記念の天狗の面(昭和25年)

DSC05189.jpg(591526 byte)

柔道に関する額 左下に富山県井波の工匠の名があります。

DSC05190.jpg(519493 byte)

こちらは、弓道に関する物。古い物です。

DSC05191.jpg(747992 byte)

社殿の壁はこのように彫刻で覆われています。

DSC05192.jpg(760969 byte)

「北辰の梟」 体は本殿を向き、顔は反対の北を向いてご祭神をお守りしている。

DSC05193.jpg(713468 byte)

「お元気三猿」 よく見、よく聞いて、よく話そう

DSC05194.jpg(693577 byte) DSC05195.jpg(630154 byte)

「瓢箪から駒」 このほかにも、「子宝 子育ての虎」 「つなぎの龍」などがあります。

DSC05196.jpg(638800 byte)

参拝の順番を待つ人々

DSC05202.jpg(633154 byte)

境内では宮地屋台の屋台芝居が行われようとしていました。

DSC05197.jpg(780940 byte)

屋台の両側には張り出し舞台が設けられ、芝居が演じられます。

DSC05266.jpg(811740 byte) DSC05203.jpg(702355 byte)

神社の前には下郷笠鉾が入ってきました。

DSC05204.jpg(673024 byte)

屋根は二層式で最も大きなものです。

DSC05205.jpg(725591 byte) DSC05209.jpg(704103 byte) DSC05269.jpg(506916 byte)

舞台から上は漆が塗られず、白木がきれいに見えてます。

DSC05268.jpg(641562 byte) DSC05271.jpg(358537 byte)

前へ   次へ