お祭り三昧ホームへ

ホーム > 各地の祭り > 知立まつり 2014年

愛知県知立市 平成26年05月03日


 知立まつり  知立神社 ♦♦
  

 知立神社の祭礼である「知立まつり」は、初夏を飾る一大風物詩で、1年おきに本祭と間祭が5月2日、3日に行われます。
 祭りの歴史は古く、江戸時代(1653年―「中町祭礼帳」)から続いており、山車の上で山車文楽・からくり人形芝居が上演されるのが特徴です。
本祭(ほんまつり)は、5つの町から高さ7m、重さ5tの5台の山車が繰り出されます。山車の台上で奉納上演される人形浄瑠璃芝居の「山車文楽」と「からくり」(国の重要無形民俗文化財。かつては山車の上の段でからくりが、下の段で文楽を上演。現在は西町がからくり、山町・中新町・本町・宝町は文楽)は、ともに江戸時代から伝承されている情趣豊かな郷土芸能の粋であります。
 間祭(あいまつり)は、5つの町から勇壮華麗な5台の花車が繰り出されます。「山車文楽」と「からくり」はありません。(知立市HPより)

 
posuta2014.jpg(231759 byte)panfu2014.jpg(218052 byte)


298.jpg(286809 byte)

平安時代『延喜式』神名帳にその名が見え、三河国二宮として国司の祭祀を受け、江戸時代には東海道三社の一つに数えられた知立神社

DSC_5032.jpg(327350 byte)

拝殿(上)と多宝塔(国の重要文化財)(下)

DSC_5041.jpg(334873 byte)
310.jpg(72245 byte)302.jpg(72029 byte)

神楽殿では一日中舞の奉納が行われていました。

297.jpg(125017 byte) 300.jpg(135777 byte)

全国山・鉾・屋台保存連合会」知立大会も開催されていました。右は文楽・からくりの演目。

489.jpg(86868 byte)490.jpg(86675 byte)

大勢のアマチュアカメラマンやテレビ局が来ていました。


戻る 1 2 3 4 5 次へ