城南連新屋台(2007)


浜松市天竜区(旧天竜市)の二俣町城南連(川口自治会)では、今年約50年ぶりにた屋台を新調し落成式(8月12日)を行った。
新屋台の建築は材料にこだわり、滋賀県の伊吹山系から切り出したケヤキと、檜、天竜杉を使用した。正面には親子龍や鳳凰(ほうおう)、後方には雷神、風神などの鮮やかな彫り物が施してある。赤と白を基調とした見送り幕や水引幕も新たにつくり、屋台を鮮やかに彩っている。
初代屋台は昭和30年に建築し、約50年にわたって住民に親しまれてきたが、現在は浜北区(旧浜北市)中瀬の仁久連に譲渡され、8月18日からの中瀬地区祭典で曳き回されている。

DSC_0282.jpg(212577 byte) DSC_0290.jpg(212379 byte)
先代の屋台より一回り大きくなりました。四方の欄間は来年には入るそうです。 雲竜図の見送り幕。
DSC_0294.jpg(100350 byte) DSC_0295.jpg(95044 byte)
前・鬼板(親子龍) 前・懸魚(鳳凰)
DSC_0283.jpg(89426 byte) DSC_0279.jpg(84053 byte)
後・鬼板(雷神)懸魚(風神) 虹梁の唐子遊び
DSC_0276.jpg(96330 byte) DSC_0278.jpg(102535 byte)
波と宝珠の水引幕
DSC_0277.jpg(81128 byte) DSC_0288.jpg(68674 byte)
持送りの龍
DSC_0284.jpg(181202 byte) DSC_0285.jpg(158218 byte)
見送り幕はこの杉の箱にしまわれています。
DSC_0344.jpg(236058 byte) DSC_0272.jpg(69517 byte)
中瀬仁久連に譲渡された旧屋台(中瀬津島神社にて) 今年完成した新屋台