岩倉の夏祭り


岩倉市の夏祭りの様子です。ここには中本町の神明太一社を中心に3台の山車があり、春の桜祭りと夏のまつりに揃い曳きされます。
山車は3層の唐破風で幅は非常に広く、現存する山車では尾張地方でも最大級だそうです。また、尾張系山車の特徴となっているから くり人形は、古くから伝えられ年代により各種の演技が行われてきたようで、現在でも複数のからくり人形が保存されており、宵宮には 3台が揃ってからくりを披露します。

中本町の神明太一社です。3社の中心に位置します。
中本町の山車格納庫です。 これは飾り付け前の写真です。
上地区の大上市場の新溝神社です。 山車格納庫です。ここにはミニ山車もあります。
下地区の生田神社です。 山車格納庫です。
安全祈願祭が行われています。
出発の準備です。山車を曳くロープは1本です。 梶棒を押し合って山車の向きを変えます。
高いですね。3層目は上下する構造になっています。 2層目と3層目にからくり人形があります。
外輪の車輪は輪懸というもので覆われています。上の竹は曲がるときに使う「竹さな」というものです。 梶棒は本体の柱に締められています。これを1カ所4・5人で操作します。
前から見たところ。 後ろから見るとこうなります。
那須与一のからくり人形。 采振り人形というからくり人形です。
出発前の準備体操中です。 曲がるところでは竹さなの上に水をまいて滑りやすくしています。
このように曲がっていきます。
梶を持つ人はいつもこんな具合です。 小さな子供が多かったです。
信号機の横もすれすれに通っていきます。 曳航する場所はこういう狭いところが多いです。
お役の人はこういう衣装を付けます。 これは下之町の山車。3層目を低く下げています。
3台の中では1番大きな山車です。 幣振りのからくり人形です。
こちらは曲がるときに竹さなを使いません。そのまま向きを変えます。 大上市場の先頭です。衣装は3者3様ですね。
1番小振りな山車です。向きを変えるときは前を持ち上げて向きを変えます(動画あります)。
真ん中の人が持っている棒で後輪を少し浮かせます。 この後、360°回転をやってみせました。
3台が揃いました。 保存会長の挨拶。
岩倉市長の挨拶。 このようにからくり人形が披露されます。