お祭り三昧ホームへ

ホーム > 各地の祭り > 豊川 風まつり 2012年

愛知県豊川市小坂井・宿地区祭典 平成24年04月07日


 風(かざ)まつり(菟足神社) ♦♦
  

 風まつりの舞台となる菟足神社には、古来からいくつもの風にまつわる話が伝えられています。
 1つは「祭神・菟上足尼命が当地に着任されたとき、海上がひどく荒れたにもかかわらず無事に着かれたことから、風に強い神様といわれ、信仰を集めた」というもの。また、「寄進された延宝の神輿が、江戸から回送されたとき、遠州灘の風波の難にもあわず平井の浜に無事に着き、これをひとえに同社の加護とした」というものなどです。
 風まつりの名前の由来も、そのあたりからきているのではないかと考えられています。つまり、風に対する民間信仰をもとに、風に霊験あらたかな神社として、この菟足神社を位置づけ、例祭を“風の神様のお祭り”と呼び、いつとはなしに『風(かざ)まつり』というようになったと考えられるのです。 (豊川市公式HPより)


風まつりは4月の第1土・日に行われます.
DSC03329.jpg(340276 byte)

旧県社菟足(うたり)神社  ちょうど桜が満開でした.
DSC03316.jpg(263763 byte)
DSC03360.jpg(283392 byte)

山車は小坂井地区、宿地区の2台ですが、今日は小坂井地区だけです.

DSC03305.jpg(312974 byte)

これは後ろです.突き出ている棒は楫棒です.

DSC03306.jpg(281120 byte)

造りは簡単ですが、すべてがどっしりとしています.

DSC03310.jpg(265910 byte)

車輪には改修年が刻まれていますこれは昭和16年です.

DSC03311.jpg(215134 byte)

これは2階のやぐらを昇降させる装置です.

DSC03320.jpg(245461 byte)

周りでは夜行う花火の準備が進められています.

DSC03321.jpg(292094 byte)
DSC03339.jpg(290907 byte)

この人達は今から天筒花火を奉納します.法被の焼け跡がすごいですね.

youtube
DSC03359.jpg(277885 byte)

戻る 次へ