息(おき)神社例大祭 2007


head.jpg(5897193 byte)

大太鼓で有名な雄踏  息(おき)神社の祭典の様子です。
祭りの歴史は古く100年以上と言われています。8台の大太鼓と6台の舘車(屋台を”かんしゃ”という)が威勢良く町内を曳き回され、大太鼓は大きい物は1間半(2.7m)くらいはあろうかという物で迫力ある音を鳴り響かせていました。
舘車はほとんど明治の中期に作られた物であり、一番新しい物でも約70年前に作られている。

DSC_2259.jpg(109049 byte) DSC_2261.jpg(111029 byte)
息神社。奈良時代 慶雲2年(705)創建と伝えられる神社。舘車や大太鼓が出発したあとの境内は閑散としていますが外は朝早いのに(8時)にぎやかです。
御神輿準備・渡御
DSC_2264.jpg(91421 byte) DSC_2265.jpg(97590 byte)
相当重たいようで、苦労して御神輿を台車に載せていました。
DSC_2273.jpg(92003 byte) DSC_2278.jpg(85281 byte)
DSC_2301.jpg(104391 byte) DSC_2302.jpg(82830 byte)
天狗を先頭に御神輿の渡御がすすみます。 珍しく一本刃の下駄を履いています。
DSC_2303.jpg(90626 byte) DSC_2304.jpg(109028 byte)
出番待ち! 七面の古面をつけた台車を曳く。
DSC_2308.jpg(108979 byte) DSC_2309.jpg(108332 byte)
DSC_2310.jpg(106633 byte) DSC_2311.jpg(100629 byte)
巫女の衣装の女の子は御神輿を曳きます。
田  端

半田型山車変形型 昭和11年知多で製造

DSC_2285.jpg(252819 byte) DSC_2286.jpg(216904 byte)
DSC_2626.jpg(111415 byte) DSC_2628.jpg(96782 byte)
DSC_2630.jpg(192960 byte) DSC_2609.jpg(117747 byte)
DSC_2615.jpg(92387 byte)
確かに、半田の山車の特徴がよく現れています。 おおきいですね。2m以上はありそうです。
中  村(中連)

一層唐破風屋台 製造は不明(江戸後期という説)。掛塚からの買い入れ(これも言い伝えのみです)。

DSC_2290.jpg(224458 byte) DSC_2385.jpg(202632 byte)
DSC_2375.jpg(113638 byte) DSC_2377.jpg(99142 byte)
DSC_2379.jpg(88592 byte) DSC_2380.jpg(89723 byte)
DSC_2355.jpg(109009 byte) DSC_2362.jpg(94990 byte)
これが一番大きく7尺7寸(231センチ)あるそうです。
小  山(八幡會)

二階唐破風型屋台 明治22年浜松で製造。

DSC_2466.jpg(112339 byte) DSC_2467.jpg(98577 byte)
DSC_2471.jpg(173731 byte) DSC_2473.jpg(74950 byte)
DSC_2447.jpg(117138 byte) DSC_2448.jpg(125706 byte)
DSC_2449.jpg(84184 byte) DSC_2454.jpg(109803 byte)
浅  羽(成人連)

江戸型山車 東京で明治36年に製造の後、静岡市七間町を経て明治後期に浅羽が買い入れ。
七月に静岡浅間神社へ100年ぶりに里帰りした舘車です。

DSC_2292.jpg(254665 byte) DSC_2293.jpg(199601 byte)
DSC_2334.jpg(118551 byte) DSC_2337.jpg(106186 byte)
DSC_2338.jpg(242809 byte) DSC_2341.jpg(206811 byte)
浅間神社では最上層にダシが飾られていました。
DSC_2314.jpg(118815 byte) DSC_2318.jpg(93391 byte)
大中老山車
DSC_2325.jpg(116426 byte) DSC_2327.jpg(107380 byte)
西ヶ崎(西連)

半田型山車変形型 明治25年知多で製造。

DSC_2296.jpg(241325 byte) DSC_2297.jpg(193234 byte)
DSC_2427.jpg(101898 byte) DSC_2429.jpg(191992 byte)
DSC_2403.jpg(120378 byte) DSC_2408.jpg(106325 byte)
DSC_2411.jpg(102577 byte) DSC_2413.jpg(110670 byte)
領  家

2層唐破風型屋台 文久3年掛塚で製造、天竜の二俣本町を経て、明治24年に領家へ。

DSC_2298.jpg(237587 byte) DSC_2542.jpg(221614 byte)
DSC_2533.jpg(108217 byte) DSC_2538.jpg(85052 byte)
掛塚屋台と同じ車輪です。
DSC_2490.jpg(110273 byte) DSC_2497.jpg(94256 byte)
みな、ど迫力の音を出していました。
つるが丘(丘連)

つるが丘と雄踏パークは大太鼓のみの曳き回しです。

DSC_2571.jpg(117520 byte) DSC_2582.jpg(102403 byte)
雄踏パーク(大谷連)
DSC_2658.jpg(111383 byte) DSC_2663.jpg(94664 byte)

ご協力:浅羽 山本様