お祭り三昧ホームへ

ホーム > 各地の祭り > 下半田祭り2010年

愛知県半田市 平成22年4月17日

 下半田祭り(業葉神社・山之神社) ♦♦
  


業葉神社の祭礼には、北組唐子車、中組祝鳩車、東組山王車、南組護王車の4台が曳かれます。  神楽の朝、業葉神社に曳き出されたそれぞれの山車は、神事終了後、各町内を曳き廻され、夕方、一旦神社境内に集合して夜を待ちます。  宵の7時頃になると各組の山車は、上山を高く掲げ提灯をともします。その数は、1輌につき約200個(本来は365個)といわれ、まるで山車が闇の世界に蘇ったようになります。点灯が終わると北組の三番叟、中組は糸からくり人形による太平楽の舞、東組は糸からくり人形による采振り、南組は糸からくり人形による巫女舞を奉納し、再び夜の町内に曳き出されます。  山車には立川常蔵や新美常次郎の彫刻が施され、水引の下絵は松村景文や池上秀畝らの手によるものです。(半田市HPより)

DSC_6142.jpg(423354 byte)

ここが業葉(なりは)神社です。それぞれの組の幟が立てられています。

youtube
DSC_6146.jpg(436607 byte)

大きな御輿の間に小さな山車が飾られていました。

DSC_6157.jpg(462912 byte)

山車の引き込みが始まりました。北組唐子車から順に中組、東組、南組と進みます。

youtube
DSC_6170.jpg(464466 byte) DSC_6177.jpg(459033 byte) DSC_6181.jpg(457031 byte) DSC_6196.jpg(386698 byte) DSC_6201.jpg(338262 byte)

山車が止まると胴上げが始まります。

DSC_6205.jpg(406643 byte) DSC_6227.jpg(518068 byte)

いつのまにかすごい数の人になりました。まもなくからくりが始まります。

DSC_6236.jpg(394219 byte)

右から北組、中組、東組、南組。

DSC_6245.jpg(441953 byte) DSC_6251.jpg(511021 byte) DSC_6260.jpg(499840 byte)

手前から南組、東組、中組、北組。赤の幕が鮮やかですね。

DSC_6262.jpg(333753 byte) DSC_6305.jpg(412945 byte)

北組唐子車のからくり人形「三番叟」。

DSC_6310.jpg(364565 byte)

中組祝鳩車のからくり人形「蘭陵王」。